私たち福井創価学会は、池田大作(いけだだいさく)名誉会長の「妙法で郷土のルネサンスを」との指針を胸に、精神の大地を耕し、人間を育てる教育・文化・平和を基調とした「青年平和文化祭」「反戦出版」「戦争と平和展」等の運動を展開してきました。 古来、「越(こし)の国」といわれ、文化の一大拠点として、歴史の舞台で燦然と活躍してきた福井。21世紀においては“東洋の地中海”といわれる環日本海交流の中心拠点として、福井の使命は、ますます重要になっていると感じます。福井から、アジアへそして世界へ、平和と文化薫る“幸の風”を送ってまいります。